どうして他社で掲載されてる物件まで取り扱えるのか?

どうして他社のチラシに掲載されてる物件まで取り扱えるのか?

他社が掲載している物件も、スーモやホームズに掲載されている物件も取り扱えるのか?

 

これについてよくお問い合わせをいただくことがあります。
「どうして他社が掲載されてる物件まで取り扱いができるの?」というものです。

確かに普通に考えればおかしなことです。
よそのお店に置いてある商品を全然違うお店が自分の店の商品として売るというのですから。

しかしこれは不動産業界では不思議でもなんでもありません。
その理由を簡単にご説明します。

 

不動産(一戸建て、マンション、土地)を売りたい人は通常、不動産会社に売却を依頼します。

売却の依頼を受けた不動産会社はその情報を(財)東日本不動産流通機構、通称レインズに登録します。

(これは不動産業者に義務付けられていますので必ず一定期間内に登録しなければいけません。)

レインズに登録された情報は(財)東日本不動産流通機構に加盟している不動産会社に瞬時に公開されます。

そしてこのレインズに登録された情報をもとに各不動産会社は広告に掲載する物件を決めているのです。

つまりレインズに登録された情報を日本中の不動産会社が共有しているのです。
情報提供をする方法がチラシやインターネットなどにかたちを変えただけで、提供している情報のデータベースは同じなのです。

弊社ウッドストックが他社広告掲載の物件も取り扱いできる理由はここにあるのです。

 

不動産会社のしつこい営業に悩んでいる方、資料請求の窓口を一本化したい方どうぞお気軽にご利用ください。