ようこそ、ゲスト様
最近見た物件
0
検討リスト
0
保存した条件
0
0120-399-580
営業時間:10:00~20:00
定休日:水曜日
2021年06月07日
物件探しのヒント その10
・100点満点の家を探していませんか?

お客様をご案内していると2通りのタイプに分かれるのに気づきます。
その物件の「いいところを探す人」と「悪いところを探す人」です。

その瞬間にこのお客様は「後悔しない家さがしが出来る人」か「そうでない人」か、「決断できる人」か「決断できない人」かがわかるといっても過言ではありません。
つまり、物件を見て「いいところを探せる人」は後悔しない家さがしができる人であり、いい物件が出た時にすぐに決断できる人なのです。

多くの人が「後悔しない家探し」を目指すあまり、ある意味では真剣に家探しをするがゆえに、100点満点の家を探してしまいます。

「不動産は一生に一度の買物だから慎重に選ばなければ…」 
この言葉を曲解して探し方の基本を間違えてしまうのです。

そもそも世の中に100点満点の家は存在しません。
駅から近くて、買物が便利で、学校が近くて、閑静な住宅地で、南道路で日当たりが良くて、眺めがよく、平坦地… そんな物件は存在しないのです。

営業マンなら誰もが知っています。そんな用途地域はありません。

駅から近ければ建ぺい率や容積率が高く、家と家は密集していますし、買物が便利であれば閑静な住宅地とは言えません。
駅から平坦な場所では当然眺めはよくありませんし、眺めがいい場所を探せば坂が気になります。
どれだけお金を出しても100点満点の家は存在ないのです。

仮に自分たちにとって100点に近い物件があっても普通は予算が合わないのが普通。
満足できる家は自分たちの予算の2割から3割高いというのが常識です。

ですから100点満点の物件を探すこと自体が家さがしを難しくする一番の原因であり、物件のマイナスポイントを探すことは全くのナンセンスなのです。

どんな物件でも悪いところを探せばひとつやふたつはあります。
それを気にする余り、いいところを見落としているお客様がどれだけ多いことか。

「お客様にとってはベストの物件のはず、何で買わないのか?」
そんなお客様が後を絶ちません。

そしてそれらのお客様に共通すること、それが100点満点の物件を求めているということと、物件を見た時に欠点を探し始めるという点なのです。

「いい物件だとは思うんですが、○○と○○が理想と違うので…」
「一生に一度の買物ですから妥協はしたくないので…」
こんな台詞が返ってきます。

なかなかいい物件が見つからないと嘆いている方や、もっと楽しく家探しがしたい方はパターンを変えてみましょう。

100点満点は存在しないことを認識して、80点を探すのです。
物件の悪いところを探すのではなくて、いい点を探すのです。

欲しい条件をいくつか挙げて、それぞれに優先順位をつけ、ポイントを決めるのです。

日当たり重視の人であれば、日当たり満点の家であればプラス30点、駅からの距離を20点とか、周辺環境を20点とか、築年数を10点とか、間取りを10点、外観を10点とかそれぞれの優先順位にあわせて自分でポイントを決め、プラス評価していくのです。

そしてこの物件は50点だなとか、あの物件は70点はあげられるよとか点数をつけながら家探しをしていくのです。
そしてその中で一番点数のいい物件がお客様の購入すべき物件となるのです。

どうですか? 簡単だとは思いませんか?

評価のポイントはそれぞれの価値基準によって随分変わってきますが、自分なりに客観的に評価することができます。
ですから後悔しない家さがしができるのです。

家探しは本来楽しいものです。一生に一度か二度しか経験できない貴重な体験です。
どうせならプラス思考で楽しんでみてはいかがですか…
画像
リビングが1階にある物件特集
画像
お風呂が1階にある物件特集
画像
パノラマ画像がある物件特集
Menu
お知らせ一覧
会員登録について
値下げ物件一覧
お客様の声
友だち追加