ようこそ、ゲスト様
最近見た物件
0
検討リスト
0
保存した条件
0
0120-399-580
営業時間:10:00~20:00
定休日:水曜日
2021年04月23日
物件探しのヒント その6
・決断力がない時の住まいの探し方とは?
   
運がいいのか悪いのか、住まいを探し始めてすぐに、ほぼ満足できるような物件に巡り会ってしまうことがあります。
当然、決断力のある人はすぐに「これだっ!」と決めて、めでたしめでたしなのですが、あまり決断力のない人や心配性の人は逆にこれが不幸を招くことにもなります。

人によって物の買い方はいろいろですし、迷いながら、悩みながら買うということが悪いことではありません。
また普段は決断力のある人もその時の精神状態や健康状態によってはなかなか決断できないこともあります。

ただ自分があまり決断力がある方ではないと思っている人や、最近決断力が鈍いなあと思っている人は次の手順で住まい探しをすると短期間で納得できる住まいが見つけられます。

その方法は、相場や市況がわかるまで決して一件一件、部屋の中を見ないということです。
言い換えれば「いい物件が見つかればすぐにでも購入する」という決断がつくまでは具体的には個別の物件について検討しないということです。

決断力のあまりない人や心配性の人が短期間にいい物件に巡り会った場合、ほとんど例外なく「もう少し探せばもっといい物件が出てくるのでは…」という誘惑に駆られます。
確かに、もっといい物件に巡り会うという確率はないとはいえません。しかし、私たちの経験からすればその確率は高くありません。

実際、今までに住宅を購入したことのある人や長いこと家を探している人なら分かると思うのですが、そうそう「これだっ!」とか決断を迷うような物件はありません。

特に特殊な条件(例えば学区や地域を限定しているとか、ペットの飼えるマンションや駐車場付きのマンションetc)で探している場合はなおさらです。
場所によっては1年に1件でるかでないかという地域もあるからです。

ですからまずは自分の欲しい物件の相場がどうなっているのか、市況がどうなのかを十分理解することが必要です。
迷うタイプの人ははじめから木を一本一本見てはいけません。まず最初に森全体を見てください。
森を見て全体像がつかめてから一本一本の木について検討することが大切です。

まずは資料を集める。
そしてその地域をブラブラしてみる。
街全体の雰囲気がつかめたら、具体的な物件について外観を見て回る。
そして興味のある物件をピックアップして実際に室内を見せてもらいながら個別に検討していくのです。

心配性の人や迷うタイプの人に大切なのは、住まいを探す順序です。
これを間違うとせっかくのチャンスを棒に振ることになります。

チャンスはそうそう訪れるものではありません。
くれぐれも逃がさないように…
 
画像
リビングが1階にある物件特集
画像
お風呂が1階にある物件特集
画像
パノラマ画像がある物件特集
Menu
お知らせ一覧
会員登録について
値下げ物件一覧
お客様の声
友だち追加